You are now >> HOME >> SHOP >> デュド(ブックシェルフ・エディション)

デュド(ブックシェルフ・エディション)

商品コード: 70710

商品名:

デュド(ブックシェルフ・エディション)

対象年令: 8才~

価格: 6,500 円(+消費税)

日本語マニュアル付

ポーカーと同じように、ブラフ(はったり)を見破られないようにゲームを進めるサイコロゲーム。4人までプレイできます。

howtoplay

デュド(ブックシェルフ・エディション)

プレイ人数・・2~4人
1.ゲーム用クロスを広げ、各プレイヤーはダイスカップ1つと、ダイス5つを受け取ります。

2.各プレイヤーはカップに5個のダイスを入れてふった後、他のプレイヤーに見えないようにカップを上下さかさまにしてテーブルに置きます。4人プレイの場合、テーブル上には合計20個のダイスがあることになります。また、自分のふったダイスは、カップの縁をそっと持ち上げて確認しておきます。

3.一人目のプレイヤーが、まずテーブルの上に、「何の目がいくつ以上あるか」を予想して宣言します。【例】例えば「5が6つ」と宣言します。ここで、何の目のサイコロを選ぶかは、任意です。自分のカップの中にあるサイコロを参考にしながら、まずはありそうな数から始めましょう。




4.次のプレイヤーは、最初のプレイヤーの宣言を受けて、この数字を増やして新たな宣言を行うか、または「DUDO(ドゥド)」を宣言します。DUDO とはスペイン語で「ダウト(疑う)」という意味です。前のプレイヤーが宣言した数を増やす場合、次の3つのパターンがあります。
(1)「ダイスの目が」「いくつあるか」の「いくつ」を増やす
(2)「ダイスの目が」「いくつあるか」の「ダイスの目」を増やす
(3)上の両方を増やす

5.ダイスの目の「1」はワイルドカードとして働きます。最初のプレイヤーは「1がいくつあるか」という宣言を行うことは出来ません。1ゲーム終了時にダイスの目を数えるとき、例えば「4(の目)が5個」あった場合、場にある「1の目」も合計します。(1の目が3つあったとしたら、5+3で、8個という計算になります)

6.前のプレイヤーが宣言した数以上のダイスの目が、無いと思ったら、次のプレイヤーは「DUDO」を宣言して、チャレンジ(挑戦)を行います。このとき、各プレイヤーはカップを持ち上げて、テーブルの上にあるダイスの数を数えます。(5.で説明した通り、このとき「1の目」のサイコロの数も加えます)

7.宣言以上のダイスがあった場合、チャレンジを仕掛けたプレイヤーは、自分のダイスを一つ捨てなければなりません。また逆の場合は、チャレンジを受けた側が、ダイスを一つ捨てます。

8.各プレイヤーは、手持ちのダイスを再びカップに入れて、新たなゲームを開始します(前のゲームでダイスを失ったプレイヤーから始めます)。すべてのダイスを失ったプレイヤーは、ゲームから抜け、その左隣のプレイヤーからスタートします。

9.あるプレイヤーの残りダイスが一つとなった場合、そのプレイヤーは「palafi co(パラフィコ)」と呼ばれます。パラフィコラウンドにおいては、「1」の目にワイルドカードとしての役割はなくなり、ゲームスタート時に「1」を宣言することも可能になります。パラフィコでは最初に宣言された目の数を増やすことはできません。残り2人となった場合は、このパラフィコルールの適用はなくなります。最後に残ったプレイヤーの勝利です。


商品サイズ

横幅 27cm 奥行 27cm 高さ 8cm 本体重量 3.5kg 

原産国

中国

関連アイテム

商品マスター1::商品名・日本語ティック・タック・トー
3,000円
「○×ゲーム」をメタル製の車と飛行機に置き換えておしゃれに演出。インテリアに最適です。...